<   2013年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

30歳そこそこの男性見学者

JMA立川相談室、何故か1月のスタートは男性は40代後半から50歳くらいの方の見学が多かったですが、最近はその一方で30歳そこそこの方の見学もボツボツ来ています。

職場内の環境や先輩達の様子を見ていると、「今のうちに早く相談所の力を借りた方が良いのでは!」と感じているようです。

30代前半以下くらいの若い方達はバブルの経験もなく考え方が堅実です。経済的な面も、家事育児の面でも男女が協力して役割分担をして家庭を創っていこうと当たり前に思っているようです。

早めに結婚して、しっかりと家庭を創り子育てもする。そして仕事も充実させて、子育て終了後にもまた新しい花を咲かせる。とても充実した一生が想像できます。

私は27歳で23歳の妻と結婚しました。3人の子育ても大変でしたが(妻には頭が下がります)、皆独立し娘は結婚しました。妻はその後社会福祉関係の国家資格も取得、やりたい仕事に励んでいます。

私もそんなお蔭で会社を早期退職、結婚相談室を運営し地域のお役にも立っている充実した後半人生です。

by jmatk | 2013-01-31 10:45 | 婚活 | Comments(0)

子育てしやすい街・清瀬

今日はJMA立川相談室は定休日です。午前中に洗濯や農家での野菜買出しを済ませて、午後は清瀬けやきホールへシンポジウムのお手伝いに出かけました。

いつも「まちづくり委員会」でご一緒する「コミュニティーふれあいネット」の大森正子さんのお声がけで、「地域で支える子育て・・超高齢社会の中で・・」というテーマの会場設営をして、お話も聞いて来ました。子育て中世代、子育てを終えた世代、高齢者等等男性も2割くらいはいましたかね。

実際に16年~18年の活動キャリアのある「子育て支援団体NPO法人ウイズアイ」と「NPO法人子育て・ネットワークピッコロ」等のお話を聞き、地域で一緒に若いママ、パパを支えていく方法を考えようという趣旨でした。

お話の中で印象的だったのは「ママ達の笑顔の源はパパの笑顔」「完璧な親や完璧な子供など存在しないのです」「ベストをつくして、必要な時にはまわりから助けを借りることです」

夫婦二人で支えあう子育てがまず基本ですが、周りにいる地域の人たち(高齢者を含む)がまたその二人を支えて、お互いが笑顔になれる地域はすごしやすく良いところです。

そんな活動を続けている方達が沢山いる清瀬は、自然環境も良くとても住みやすいところですよ。b0255217_19204024.jpg
by jmatk | 2013-01-29 19:22 | 婚活 | Comments(0)

ネガティブからポジティブに言い換えよう!!

いつもネガティブからポジティブへと会員さんを叱咤激励してくれている渡辺アドバイザー。
今日は私も少し意識してみました。

土曜日の朝日新聞朝刊に入ってくる[be]。毎回、色々なランキング調査が掲載されていますが、今回は、『使ってみたい「ネガポ」な言い換え』でした。幾つか挙げてみますと、

1位:いいかげん→おおらか 
2位:気が多い→好奇心旺盛 
4位:飽きっぽい→切り替えが早い 
8位:空気が読めない→周りに流されない 
11位:愛想が悪い→こびを売らない

婚活中の方にも結構いそうな感じがしますがものは言いよう、考えようでかなりイメージが違って来ますね。
相性は大切ですが、ポジティブに考えることによってお相手のイメージも変わって来ますよ!!

by jmatk | 2013-01-28 11:39 | 婚活 | Comments(0)

母校土佐高校甲子園出場決定

昨日はJMA立川相談室には母校土佐高校の大後輩(息子の年)がお友達を連れてご相談に来てくれました。
昨秋の高知県人会でお会いしただけなのに覚えていてくれて有難いことです。


ご相談終了後、急ぎ清瀬に帰って市役所へ。私が会長を務める「きよせの環境・川まつり」の実行委員会の事務局との打ち合わせでした。夜家に帰り、食事をしながら妻と3月お彼岸の頃に秋田の乳頭温泉に行こうかなどと雑談をしているその時、ニュースで土佐高校の20年振り春の甲子園出場決定の知らせ。

話は温泉から急展開、「仕事休んで甲子園に行こう」と言うことになりました。
妻も私と4年下級生の土佐高校卒ですので、話は早いわけです。


昨年のお正月はサッカー部が全国高校サッカー選手権に出場して沸きましたが、今度は野球が甲子園、何かと盛り上がります。相談室を渡辺さんに任せて甲子園に行く時は何卒ご容赦を!!
by jmatk | 2013-01-26 13:38 | 日記 | Comments(0)

交際期間は3ヶ月が目安

JMA立川相談室にご相談や見学に来られる方に婚活の進め方を説明しますが、その時に「お見合いからプロポーズまで3ヶ月を目安に進めます」と説明すると大抵の方が「えっ?そんなに短いの?」と言う顔をされます。

でもこれは結婚相談所間でも確認されているお約束事なのです。何故3ヶ月か?それはこれまでの多くの相談所の相談員の経験から「結婚しようと思い入会した人たちはお互いのプロフィールで基本的な情報があり、お互いを『結婚のお相手としてどうか』と真剣に見るから、3ヶ月もあれば十分ですし、それ以上は中々集中力が続きにくい」ということがあります。

また、6か月、1年と交際した結果、上手く結婚に辿り着けば良いのですが、もしお話が壊れた場合、それからまた再びお見合い、交際と進まなければならなくなります。その間に確実に0.5歳~1歳年を取ってしまうのです。

それも考えれば「3ヶ月以内に集中して判断して行こう!!」と言うのは大変合理的だと言えると思います。

現実的にも多くの特に女性は、最初は「えぇ3ヶ月ですか?私決められるかな?」なんて言っていますが、いざ自分がお見合いから交際とその立場になると、2ヶ月もすれば「もうお互いのことは良く分かりましたから、早くプロポーズして欲しい」等と言うようになります。

私の書いてきたHPの「コラム・実話」にはそんな様子が沢山出てきます。26日土曜日に「お茶会」でお話ししてくれる66話の女性もそのような経験の持ち主です。
by jmatk | 2013-01-24 17:43 | 婚活 | Comments(0)

婚約者のご両親への緊張のご挨拶

今日もJMA立川相談室は定休日(第4水曜日)です。
朝自宅で猫の相手などしながらPCのメールを確認すると、12月に光のページェントを見ながらプロポーズをした男性会員さんからのがありました。

その後彼女のご両親へのご挨拶の段取りをしていたようですが、この前の日曜日にやっとお会いできたとのことでした。ご両親が「娘さんが再婚で小さな娘さんがいるが大丈夫だろうか?」と心配されているようで、ご了解していただけるか不安があるようでした。

事前のご相談の際「あなたのような誠実なお人柄なら心配ないですよ。会えば誰でもあなたの良さが分かる筈です。」とお話しておきましたが、やはり大緊張だったようでした。

そんな中、場の雰囲気を和ませ、ご両親の不安を払拭したのはその小さな娘さんでした。彼に出されたケーキを彼におねだりに来たそうです。

それを見たご両親は「孫にこんなになつかれている、こんな人柄の良い男性」と彼のことを理解し、正式に結婚のご承諾もされたとのことです。


お話なんか上手じゃなくても良い。誠実でおおらかな彼の顔を思い浮かべ、心から「おめでとう」と返信したのでした。

by jmatk | 2013-01-23 10:09 | 婚活 | Comments(0)

良縁には相談所同士の信頼関係が大切

昨日はJMA立川の相談室業務を早めに切り上げて、東京駅近くの丸ビル内の飲食店に出かけました。

1年の節目節目でお会いして連携を確認しているJMAグループの他の相談所の方々(駒込、千葉)と一杯やりながら情報交換などするためです。

最近の入会、成婚状況、会員さんの情報交換などでアッという間に2時間以上が経過していましたが、このような情報の中から新しいご縁が組まれたりします。

JMA立川の会員さん同士のご縁も多々ありますが、このように信頼のおける相談所の情報をもとにご縁を組んで行くこともとても大切なことです。

ご縁を組んで成婚を高めるためには相談所同士の信頼関係が基本です。
信頼関係づくりのためには積極的に外にも出て自分を知っていただくことも大切。


この季節、そんな思いの中で新年会などで忙しい時期でもあります。明日の定休日も夕方から会合があります。(勿論私は飲む方も大好きですが・・・)
by jmatk | 2013-01-22 15:21 | 婚活 | Comments(0)

意気込むJMA立川男性の新年

昨年暮れにJMA立川相談室に来てこれまでの総括をして新年の活動を開始した男性会員さん。10人申し込んでもOKはゼロだったこともあるからと、自宅で熱心に検索して10人くらいのお申込みをした。

「今回は1人くらいはOKが来るかな?」と思っているようすでしたが、意外や意外。次々に4人の方からOKが来てしまった。「1日にお二人とお会いしてもいいから頑張ります。日程調整宜しくお願いします」とメールが来て、調整の結果1月~2月と毎週のごとくお見合いがあることになってしまった。

昨日顔を見せた彼が言うには「やはり去年は焦りがあったですね。お見合いでも自分のことをまず話していましたが、今年はまずお相手のお話を聞くようにしたいと思います。今年こそはなんとか良い結果を出すように頑張ります」と冷静に、そして前向きでした。

心にゆとりがない方はどうしても「自分のことを知って欲しい」ということが先に立って、お相手からすると「自分のことばかり話して、私に興味がないのかしら?」となってしまいがちです。本人は私達に言われても中々気づかないことも多いようですね。
by jmatk | 2013-01-20 10:50 | 婚活 | Comments(0)

30代、40代、50代男女忙しかった金曜日

今朝の東京は冷え込みましたが快晴。空気も澄んで富士山が普段より大きく見えています。

昨日の金曜日は週末のお見合いの確認などで少しのんびりと過ごそうかなと思っておりましたが、朝から忙しくなりました。50歳の男性の母親が忙しい息子さんに変わって見学・・入会予定。夕方は母と息子さんが一緒に見学、考え方等を聞きアドバイス。良く考えて頂くことにしました。

その最中には30代前半のJMA立川
b0255217_1045496.jpg
女性会員さん(お友達の紹介の男性と交際中)もご挨拶に来られましたが、上手く進んでいる様子で以前より明るく可愛い感じになっていました。

その対応をしている最中に今度は30代半ばと言う女性二人連れの方が、「HP見ましたが資料頂けますか?」と突然現れました。

その間にも交際中の30代と40代の数人の男女会員さんからのご相談、ご報告メールと多忙でした。
やはり素直でおおらかな方が私達のアドバイスにも耳を傾け進んで行くようです。
今日も忙しくなりそうですね。
by jmatk | 2013-01-19 10:47 | 婚活 | Comments(0)

最低限の交際時マナー

お写真の顔は怖そうだったけど実物は優しい感じでしたと他の相談所の男性と交際に入っていたJMA立川女性会員さん。上手く進んでくれればいいなと思っていたが、今日来室して交際終了の結論を出して行った。

「女性との交際に慣れてないようで色々気が利かずデート場所等もあまり知らないのは気になりませんが、Eメールが全くできず、デートの時間の約束も前日の夜、いや当日の朝になっても電話も来ないではとてもこの先に進む気力が湧いて来ません」とのこと。

不器用だった私もこれには彼をかばう言葉も見つかりませんでした。やはり、普段から他人のことを思い遣ることができるようになっていないと肝心な時にどうにもなりませんね。
by jmatk | 2013-01-17 13:19 | 婚活 | Comments(0)