<   2017年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

美味しい樹液に集まるカブト虫たち

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

昨日もだいぶ蒸し暑い天気でしたが、曇りがちで気温は29℃くらいだったようです。

今日は朝から結構晴れて夏の陽ざしが戻って来ました。

昨日よりだいぶ気温も高いみたいで、今日の方が蒸し暑いですね。
b0255217_15470359.jpg

そんなことで今朝は気持ちよくウオーキングして来ましたが、この前から見つけているこの写真のカブト虫たち。

何時ものウオーキングコース沿いのクヌギの樹。

何かの具合で樹液が出て、そこに虫たちが集まっているようです。

真ん中で独占しているように見えるのがカブト虫ですが、周りにはカナブンやカマキリも群がって来ています。

美味しいものに群がるのは生きていくための本能ですから、仕方ありませんね。

人も何か魅力的に感じる人のところには人が集まります。

でも、人にはそれぞれ魅力的なところがありますので、ようく見てあげて欲しいものですね。


by jmatk | 2017-07-31 17:02 | 日記 | Comments(0)

7月3人目の成婚者はスロー成婚でした。

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。
b0255217_16022985.jpg

今日も南海上には台風があって蒸し暑い空気が立ち込めている東京・立川です。

今朝はあった日差しも段々と雲が多くなり、先ほどから雨がパラつき始めました。

立川の昭和記念公園で行われる花火大会の開催も危ぶまれます。

さて、今朝はメールで「プロポーズをお受けしました」との報告が女性会員さんからありました。

お誕生日にプロポーズされる予定とは聞いていましたが、流石にホッとした様子が伺える文面でした。

というのもこの女性30歳で入会して成婚まで4年4ヶ月程掛かりましたので、やっと辿り着いたという印象です。

私から見ると「これは良いご縁では?」と思えるような方もいましたが、決めきれずにここまで来ました。

それでも投げ出さないで頑張った甲斐があって成婚まで辿り着きました。

7月は25歳の男性が入会から2ヶ月足らずでスピード成婚しましたが、その後40代後半女性が3年7か月で成婚、そして今回は4年4ヶ月でした。

「成婚までどれくらい掛かりますか?」と聞かれても「絶対にこうです」とは言い切れませんが、早い人は早いですが、根気強く頑張っているとご縁はやって来るものですね。

まあ、大体2年くらいの内には出会える方が殆どだと思いますが。





by jmatk | 2017-07-29 16:21 | 婚活 | Comments(0)

偶然?イエ必然の出会いもあります。

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。
b0255217_12293517.jpg

ここのところ前線の南下や南海上の台風の影響ではっきりしない天気が続く東京です。

今朝もウオーキングに出かける6時20分頃は霧雨が微かに肌を濡らす天気でした。

それでもラジオ体操は元気な親子等で100人を超す盛況ぶり。

早くすっきりとした晴れのもと、海へ山へと行きたいところでしょうね。

さて、一般の結婚相談所では会員さん同士が相談所などで会うチャンスは、正式なパーティー以外ではほとんどないのが現状のようです。

多摩婚倶楽部立川の特徴は特別な相談以外は出入り自由で来られますし、BBQや花見等のイベントでも他の会員さんと出会うことも時々あります。

先日のプロフィール写真会も男性1名、女性2名の参加でしたが、そんな時にも撮影会場への道すがらや待ち時間に自然に触れ合うことも多いのです。

そんな機会を通じて出会った方と正式なお見合いを希望されるケースも時々あります。

プロフィールの紙一枚の情報より、生の人とお会いしての感触では後者が断然信頼できる情報ということになります。

こういう出会いというのは偶然かなぁ?いえ、私には必然だと思えることが時々あります。

本人同士にしか分からないこと。それが通じ引き合うことがあるのですね。

by jmatk | 2017-07-27 12:30 | 婚活 | Comments(0)

自信を持つと人は変身します!!

多摩婚倶楽部立川相談室代表の織田祐輔です。
b0255217_9193461.jpg
東北や北陸では大雨が続き、東京・清瀬も梅雨が戻って来たかな?と思わせるような雲の多い天気が続きます。

でも、ミンミンゼミやアブラゼミも鳴きだして、夏の季節が進んでいることに間違いはありません。

ウオーキングコースの竹丘公園でも子供たちも加わったラジオ体操が始まり、暫く賑やかな朝が続きそうです。

さて、結婚相談所に登録している人は女性も男性も異性との交際に自信のない方が多いです。

会社ではバリバリ仕事をしている男性ても、すごくチャーミングで当然彼氏が居そうな女性でも、こと異性との交際では不思議なほど自信がない方が多いのです。

でもこのような方はどこかで「どうして自分は持てないのだろう?とか何が良くないのかな?」とどこか変えれば自分はもしかしたら持てるんでは?などと思っていることも多いのです。

交際が始まって、自分は好意を持っているのに、お相手の気持ちが読めないために、気持ちに反する行動を取ったり、折角のお誘いにもすぐ反応しなかったりして、自滅することも多いと思います。

そんな人たちですが、一旦「お相手も好意を持っている」ことがわかると、急に自信を持ち始め、気の利いた積極的な行動を起こすことになります。

交際を上手く進めるためには、お相手に自信を持たせれば良いのです。

そのためには自分が好意を抱いているのであればそれを伝える、その勇気が必要です。

お会いした時やデートの約束のメール等で「私は交際に前向きです」と伝えてみて下さい。

言いにくいのであれば、ちょっとしたプレゼントを添えて。

暑い今頃であれば汗拭き用のハンドタオルとかで十分です。

自分が変われば相手も変わります。

自分の人生、自分で変えませんか!!
by jmatk | 2017-07-25 09:19 | 婚活 | Comments(0)

確率は3%でも31回目のお見合いで幸せゲット

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

今日は朝から雲が多く涼しさが戻って来ました。
b0255217_12552793.jpg

11時頃には少し雨もパラツク天気で、新潟等日本海側と東北では大雨の地域もある模様です。

梅雨前線がしつこく張り付いて、北陸から東北は中々梅雨が明けない気圧配置みたいです。

通勤途上の秋津町の栗畑では、この前咲いていた花の後に付いたイガグリがもうこんなに大きくなっていました。

そんな今日は、40代後半の女性がお相手男性と成婚退会のお手続きに来室してくれました。

この女性、もともと明るい性格ですが、今日の笑顔は底抜けに明るく、「頑張った甲斐があって良かったね!!」と私達も幸せ気分を満喫しました。

2013年11月に入会して3年半と少し経ちましたが、よく根気強く「普通の人」が現れるのを待ち続けました。

お見合い31回目で出会ったわけですので、確率としては3・2%くらいです。

50歳くらいになると、良くも悪くもかなり個性的な方が多くなり、所謂普通の人に出会う確率が下がって来ます。

こういうことからも、若いうちに婚活、結婚するにこしたことはないと思いますが、もし、色々な理由から40歳を超えることになっても、根気強く活動を続ければお相手は必ず見つかると思います。

この女性も30回で諦めていたら、今日の幸せはなかった筈です。

幸せのカードは1回目で出るか、10回目で出るか30回目なのか誰にも分かりません。

by jmatk | 2017-07-23 12:56 | 婚活 | Comments(0)

20代コースでのスピード成婚退会

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

何となく梅雨が明けて、巷では学校は夏休みに入ったところが多いようですね。
b0255217_17090699.jpg

東京・清瀬の自宅近くをウオーキングしていると、この季節百日紅の赤い花が目立って、暑さをより感じたりします。

一方でたまに見かけるこの白い花も百日紅です。白の方が爽やかさや涼しさを感じる気がしますね。

さて、今日は5月末に入会してもう成婚した男性が退会手続きに来室される予定です。

この男性25歳ということで、今年新設した「20代コース」で5月末に入会されましたが、6月初旬に初お見合い、その方とデート1回で「結婚前提の真剣交際」入り、その後も順調に交際を進めてお見合い後1ヵ月半、入会後2ヶ月での「成婚退会」となりました。

女性とのことには自信がないのか、見学の時、入会の時、お見合いの時等々、しつこいほど質問を浴びせて来ましたが、お見合い後は質問もなくなり拍子抜けした気分でした。

1回のデートだけで「結婚前提の真剣交際」を約束したと聞いた時は、「本当か?何か勘違いしているんでは?」と思ったことでしたが、女性の相談所と何回か確認を取り、間違いないとのことが分かりました。

「若い人は結果が早い」とは思っておりましたが、それにしてもこのスピード。

今後も20代の方が増えてくれることを期待しております。



by jmatk | 2017-07-21 17:29 | 婚活 | Comments(0)

若い人達に交じって、映画「銀魂」を観ていたら落雷停電

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。
b0255217_13110029.jpg

今日、関東甲信も梅雨明けの発表がありました。自宅前の都の給水所工事も大型重機が入って本格的です。

昨日は定休日でしたので、久しぶりに映画を観てみようと、昼前に家を出て豊島園シネマへ。

タマには若い人が観るような映画をと、出演者の小栗旬という名前で「銀魂」に決めました。

受付の女性にボードを指さして、恐る恐る「13:35分の「銀魂」は何て読むの?」

この女性、別に普通に「ギンタマ です」と答えてくれましたので、「じゃそれ」と言って観ることになりました。

近くの中華料理の店で冷し中華と生ビールでランチを済ませて、中に入るとまずまずの入りでしたが、ざっと見ただけでも10代から20代前半の男女が殆ど。

まず、60代シニアはいない中でビールのほろ酔いでエイ気分で少し眠くなりながらも、新選組やら高杉晋作やらが暴れるので眠りもしないで観ておりますと、

急にバズっと画面が消えました。

観客も「あれ、いいところでどうしたの?」なんて感じでしたが、少しすると「落雷による停電で暫く上映ができません」とのアナウンス。

トイレに行ったりしているうちに30分程経った頃「この上映は中止します。払い戻しますので窓口にお越しください」とのこと。

やっと筋書きも見えて来て、ヘンテコな内容にも慣れて来たのに中止で残念でした。

外の明るいところで見ると、観客の人達はもっと若い人達にも見えました。

時々、こんなふうにして場違いながら色んな映画も観ますが、それもまた楽しい時間の過ごし方です。



by jmatk | 2017-07-19 13:13 | 日記 | Comments(0)

男性も見た目が大事とダイエット

東京多摩地域でご縁づくりをしている多摩婚倶楽部立川相談室代表の織田祐輔です。
b0255217_17543235.jpg

今日も暑い東京ですが、昨日の夜から今朝にかけては雷雨等もあり、久々の恵みの雨となった東京・清瀬でした。

今朝、途中にわか雨にも見舞われながらウオーキングしておりますと、何時もラジオ体操が行われている場所の桜の樹の大きな枝が付け根から折れていました。

枝の中が腐っていたようですが、かなり強い風が突風で吹いたのかもしれませんね。

今日は私は故郷高知の「関東高知県人会90周年記念パーティー」に帝国ホテルへ行きましたので、15時過ぎまでは不在でした。

その間にも昨日に引き続き「プロフフィール写真撮影」が行われました。

今日も3人の方でしたが、新入会の女性2名に交じって40代の男性1名も参加しました。

この男性、3ヶ月ほど姿を見せていなかったのですが1週間ほど前に来室。

入口に姿を見せた時には「見学の方ですか?」と見間違うほとの変身ぶり。

中年のオジサンムードから爽やか青年にムードになっていました。

以前撮った写真からするとまるで別人、「これじゃ写真撮り直しだね」ということで急遽今日の撮影となりました。

今後、この男性に刺激を受ける形でダイエットに取り組む男性も増えそうな雰囲気で楽しみです。

by jmatk | 2017-07-17 17:55 | 婚活 | Comments(0)

手を繋ぐのも、名前で呼ぶのも思い切った決断です。

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

今日も朝から暑い東京・立川です。今日は会員さんも多数来られますので、昼からは無理せずエアコンを入れて過ごします。
b0255217_11582847.jpg

今朝のウオーキングで通りかかった清瀬の竹丘公園では、いつものようにラジオ体操している人がいましたが、普段は10~15名くらいの会も近々に夏休みが始まると、多い日には小学生と保護者で80名くらいになることもあります。

賑やかな子供たちの声が響き渡るのももう直ぐですね。

さて、お見合いから交際へと進み順調そうなお二人、でもそこからゴールに辿り着くにはハードルがあります。

若い20代なんかの場合はハードルをハードルとも感ぜずに婚約、成婚退会という場合が多いですが、30代後半から40代と年齢が上がるとやたらハードルが高く感じることも多いようです。

例えば、男性が手を繋ぎたそうにしているのに手を貸さない、思い切ってそこまでの行動に出たのに・・失敗・・彼女はその気じゃないのか?と不信が芽生え、もともと自信がないので再び手を出しずらくなる。

こんなことは良くあります。その気があるなら空気を読んで協力してあげるのも、交際を盛り上げるのに大切なことです。

また、男性が女性を○〇さんと下の名前を親しみを込めて呼ぶ。これも結構勇気のいることです。20代の男の子が○〇ちゃんと呼ぶのとはわけが違います。

そんな時、せめて次のデートでは女性も男性を○〇さんと言ってあげると、男性はぐっと自信を増して、その後の行動もドンドン前向きになります。

良い結論を得るためには女性の協力も大切です。

by jmatk | 2017-07-15 11:59 | 婚活 | Comments(0)

若さゆえ?世話なくスピード成婚

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

今日も暑くなりましたが、ウオーキングに出る6時半前は未だ涼しい感じのする東京・清瀬でした。
b0255217_15294572.jpg

今日はここのところご無沙汰した東久留米市側の黒目川沿いを行って来ましたが、川沿いの桜並木の木陰が涼しさを演出していました。

さて5月末に20代コースで入会して、6月から本格的な活動に入っていた20代半ばの男性会員さん。

6月初めの初お見合いの同年代女性と順調?スピード交際。

この度目出度く婚約して、今月の成婚退会の運びとなりました。

おめでとうございます。

この男性、心配事が多く、見学の時も入会手続きの時も、プロフィール写真撮影の時も、お見合い前日も、お見合いが終わった後も、初デート終了後も、次から次へと質問が飛んできていましたが、こちらも一つ一つお答えしながら、「これがずっと続いたらこちらも参るなぁ」と考えておりました。

ところが、初デート後「結婚前提の真剣交際」に入った後は質問もろくになくなり、気がつけば「成婚退会」の報告ということになったわけです。

交際に自信がなかった彼も余程気の合う、自分をさらけ出せる女性に出会ったのでしょう。

いったいどんな女性なのか?私も会うのが楽しみです。

by jmatk | 2017-07-13 15:31 | 婚活 | Comments(0)