思いやりも付け焼刃はダメ

若い方同士ですと交際も私が心配する前にドンドン進んだりいているケースも多いですが、50歳も過ぎますとそうも行きません。私の出番も多くなり、かなり手も気もかかります。

34歳の女性と交際中の51歳の山好き男性。15日土曜日が第3回目のデートになりますが、この先に進めるのかどうかの分かれ道に差し掛かったようです。8日のデート後も電話相談を長々と受けましたが、昨晩またお電話がありました。

女性が男性の親の介護(高齢ですが今はお元気)や子育てについて質問して来ているが、どう対応したら良いか?等等ですが、どうも女性はかなり真剣に具体的にこの男性との結婚生活を考えている様子です。

ひとしきりお話を聞いたところで私はこう言いました。「あなたは『女性が自分や親のことを心配してくれるのにどう対応したら良いか?』ということなど受身の話ばかりして来ますが、女性に『あなたこそ自分の親のことは大丈夫ですか?』と思いやるような話は出てこないですね。結婚に進むような二人はお互いにまずお相手を思い遣る心を持っていますよ」
by jmatk | 2012-12-14 11:18 | 婚活 | Comments(0)
<< エコプロダクツ2012 チョコレート展でデート >>