交際に保険はありません!!

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。

今日は東京は快晴の秋晴れ。相談室近くの昭和記念公園の銀杏並木も大分色づいて、落葉している木も。
ウィークデーでも賑わっています。デートにも良い季節ですね。
b0255217_14233173.jpg
ここのところ、会員さんの動きも活発ですが、そんな時にはお見合が重なる場合もあります。自分がお申込みした方とのお見合があるところへ、こちらの希望に合うような方からのお申込みが舞い込む。時々あるケースです。

このような場合、私はできるだけお会いするように会員さんにお勧めしています。プロフィールがいくら良くても、ご本人同士の相性は直接お会いしないと分からないからです。また、その判断はご本人しかできません。

そんなお見合は土日で続いてお会いして頂くか、今週と来週になるか、または同じ日に2回お見合するなんてこともあります。

そんな時、どちらもかなり相性が良さそう(自分の好みに合う)に思える場合もあります。どちらも良い感じ、今の時点でどちらかには決めづらいとなってしまいます。

そんな時は「どうしても決められないなら、もう一度ずつお会いしてから決めて下さい」と並行してお二人にお会いすることを提案します。しかし、。それ以上、どちらか分からないと言って並行交際を認めることはありません。

時々、特に男性の会員さんから「こちらが良いと思っても向こうからお断りされるかも知れないから、保険として並行交際したい」とのお話がある場合がありますが、これは間違いなく両方がダメになります。

交際に絶対はありませんし、お相手が自分にキチンと向き合っていないということは何故か伝わって分かってしまうのです。

交際に保険はありません。ひたすら目の前のお相手にキチンと向き合うことが道を開いてくれるのだと思います。

by jmatk | 2014-11-13 14:25 | 婚活 | Comments(0)
<< 交際にも地域性?が 定休日、家で猫と相撲見物 >>