お相手にはふつうの人が一番です。

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。
b0255217_12205150.jpg
今朝は陽も少し射しましたが、通勤途上から雨がパラつき段々と本降りになってきました。

途中の東村山の林も落ち葉の季節になり、風が吹くと落葉が盛んです。月曜日はもう12月ですものね。

さて、11月初めのお見合い後交際が進んでいる40代前半の女性会員A子さん。報告が暫くありませんので、こちらから「最近はどんな状況ですか?」とお聞きすると、2~3日して返信がありました。

「〇〇さんは誠実で良い方だと思います。ただ、生活習慣等少し違うところがきになり、このまま進んで良いか不安に感じています。近々にそちらにご相談に伺いますので宜しくお願いします。」とありました。

40年以上も別々の人生を歩んで来たのですから、違いがあるのが当たり前。誠実で会っていて嫌なところがない彼はごく普通の方で、お付き合いするほどにその良さが出て来る方だと思います。

結婚が見えて来ると「このまま決まってしまっていいのかしら?もっと良いビビッと来る方が現れるんじゃないかしら?」等と思いがちですが、40歳過ぎてビビッと来る方が現れる等幻想に過ぎません。

大人しい控えめのあなたのお話をキチンと聞いてくれる彼はごく普通でそんなに特徴的な人ではないと思いますが、あなたの一番の理解者になってくれることでしょう。

普通の人、それはいるようで中々いない貴重な存在です。、特に30代後半から上の年代ではそうです。

逃して後から気がついてもそれは時すでに遅し、後の祭り。取り返しがつきません。

by jmatk | 2014-11-29 12:25 | 婚活 | Comments(0)
<< 久しぶりの妻とのお出掛け あるがままに生きる幸せ!! >>