人気ブログランキング |

後だしジャンケンでは良縁も逃げて行きます。

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。

昨日はやっと春が戻って来たと思いましたが、今日はまた真冬の寒さ。雨脚も強いですね。

さて、昨日はお天気にもお日柄にも恵まれてお見合も多かったようです。当相談室でも4組のお見合がありましたが、今日18:00になってもお相手からお返事が来ないのがあります。

相談所間のルールでは、基本的に翌日の夕方17:00位までにはお互いの会員さんの意向を連絡するということになっていますが、多摩婚倶楽部では会員さんから午前中までにご連絡を頂くことになっています。

今日お昼になってご連絡がない会員さんが一人居られましたので催促メールをすると、直ぐに電話が掛かって来ました。

「どうしたの?何か引っかかっているの?」と聞くと「印象は良い方でまた会ってもいいかなとは思っていますが、お相手はどうなんでしょうか?」「それなら交際希望でいいんじゃないの?あっもしかしたら自分がOK出したのに断れたら嫌だと思ってるの?」「はい、そうですね」

結局彼女は「断られたら断られた時にのこと。なら切り替えて次に行こう」と言うことでOKの返事を出されました。

男性からは未だお返事がないので、見込薄ですが、お相手の様子を見てから結論を出そうとしているかも知れません。

お相手がNOと言って来たら「あっ実は僕もNOと言おうと思ってたんですよ」と言い、YESのお返事が来たら「あっ今僕もそう言おうと思ってたんですよ」

所謂後だしジャンケンで自分が傷つかないようにしているのでしょうか?

うちの女性会員さんも最初はそんな気分もありましたが、私の話で踏ん切りをつけました。

ひとつまた勉強しましたから、どんなお返事が来ようと良い経験として幸せに少し近づくと思います。
by jmatk | 2015-04-13 18:19 | 婚活 | Comments(0)
<< 寒冷渦接近でも予定通り見学、即... もてるけど息詰まる受身の婚活 >>