改めて想う家族の大切さ

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。

今日も朝から暑い東京です。 
b0255217_11221237.jpg
昨日は暑い中久しぶりに来室した女性会員さん。とても気さくで大らかな女性で看護師さんをしています。
この春に勤務先病院を変わって立川から少し遠くなったので、4月末以来の来室となりました。

4月末のプロフィール写真撮影会にも参加して結構意欲的に感じていましたので、最近はどうしているのか気になっているところへの来室でした。

最近感じていることとしては「改めて家族の大切さを感じています。今はお相手がいなくてもそんなに不安や寂しさを感じることはありませんが、将来を考えると家族に居て欲しいと思います」とのこと。

お仕事柄入院患者さんの様子をみると、何時も奥さんが来てリハビリを手伝ったり、食事をしたり、話し相手になったりして自然に心の支えになっているのが分かる人がいる一方で、誰も見舞いにも来ず洗濯物も業者に頼んでいる寂しい人もいる。

自分も今は元気だが、体が衰えたり病気をすることも考えると早く家族が欲しいと感じているとのことです。

趣味の山登りは続けたい意向ですが、お見合いも多くできるようにお申込みももっと頑張りますと言って、早速お相手検索して行きました。 

想いは行動にしないと結果は生まれませんね。
by jmatk | 2015-08-02 11:22 | 婚活 | Comments(0)
<< 今日は郷里高知へ・・お見合いの... 心優しき男性会員さんに恵まれた私 >>