潔い決断

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。

東京は昨日は朝は冷えましたが、日中は強い南風が吹いて暑い日になりました。その後寒冷前線が通過して雨が降ったところもあったようですが、今朝も暖かい朝になりました。日中は25℃くらいになるようで、夏日の暑い日になりそうですね。
b0255217_10452737.jpg清瀬市内の住宅地の中にあるこの民有林、開発されてデイケアサービス等が付いた高齢者住宅になる計画が進められているようです。緑豊かな近郊都市と言われていた清瀬市も緑被率40%を切る状態となり、市も市民も緑を守りたいとの声が強いようですが、相続税問題などで減少傾向が続いています。

全国的に空き家が目立つ時代、雑木林などを新たに開発しないで高齢者施設など作ることはできないもんでしょうか?

さて、昨日は定休日でしたが夜は先日延期になった女性会員さんのお見合いがありました。夜、遅い時間にお相手相談室からメールが入って「男性は交際希望です」ということでした。その後直ぐに女性会員からもメールが入り「とても落ち着いた方で、私も初めて自分が出せたお見合いでした」とのことで、このまま交際に入れば先日のお見合いから交際に入っている方とお二人との並行交際か?と思わせる内容でした。

もう遅い時間でしたので、今朝改めて男性側相談所と連絡を取ろうとしたところ、またまた女性会員さんからメールが、よく考えたところ、既に交際中の方にはそんなに思いがないのに保険をかけたような気持になっている自分に気が付いたとのことで、その方とは交際終了でお願いしたいとのこと。

私は未だ彼女には男性からのお見合いのお返事はお伝えしておりませんでしたので、もし昨日のお見合いが交際不成立となればまた一からお見合い申し込み等しなくてはならない状況でした。

よく分からないからなどと言って並行交際を続ける方がいますが、結局本命の方からもお断りされるケースが多いと感じます。お相手に心の内を見透かされているのではないでしょうか?

この女性会員はとても潔い、自分の心に正直な決断をされたと思います。上手く交際が進んでほしいと願うばかりです。

by jmatk | 2015-10-28 10:46 | 婚活 | Comments(0)
<< 5年10ヵ月ぶりの来室で心が晴れて。 身長は彼より高くても、とてもシ... >>