お相手のために何ができますか?

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。

大寒ももうあと数日。ここ数日は寒さが少し緩んで、今日の東京は3月中旬から下旬の気温になるようです。でも、明日からは低気圧が近づいて雨または雪の予報、気温もまたグンと下がりそうです。お仕事も忙しい中体調を崩しやすい季節です。お気をつけてお過ごし下さい。

さて、大相撲は初場所は17日に千秋楽を迎えて、10年ぶりの日本人優勝に沸いた国技館でした。私が子供の頃は小学校から帰るとお鏡の割ったのを火鉢で焼いて食べながら、祖父と一緒にテレビで相撲を見ていました。

大鵬、柏戸は勿論ですが、潜航艇「岩風」や双差しの「鶴ヶ峰」、人間起重機「明武谷」等個性は力士が多く面白かったですね。そんな影響で相撲はずっと好きで、相談室ではラジオ観戦をしています。

初場所は琴奨菊の優勝でしたが、彼は去年結婚、近々に披露宴を控えていたらしいですね。奥さんも揃ってインタビュー等受けていましたが、その後のテレビ番組等みても彼女の支えがなかったら優勝は難しかったような気がします。

相当なキャリアだったのを退職して大関を支えることに徹したようですが、食事は勿論、マッサージやメンタルケアまでまるでトレーナーいえそれ以上の存在だったようです。

彼女は結婚する時に、「何かお相手にしてもらう」と言うことより「お相手のために何ができるか」を思っていたようです。

プロスポーツに限らず、一般の普通の方の結婚でも「お相手に求めるより、お相手のために何ができるか」を考えることが大切ですね。



by jmatk | 2016-01-28 12:19 | 婚活 | Comments(0)
<< のんびり過ぎるあなたに刺激を 他人の幸せを喜べる会員さん達 >>