辛い時もじっと見守っていてくれた彼と成婚

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。

昨日は日差しもあり暖かったですが、今日は一転雨交じりの北風が吹く寒い日になりました。でも今日から2月、3日は節分、4日は立春と季節は進みます。これからは寒暖繰り返しながら春に近づいていきますね。
b0255217_15530123.jpgさて、この前の土曜日には10月下旬のお見合いから交際に入り、昨年暮れにプロポーズを受けて成婚したカップルがお揃いでご挨拶に見えました。

こう書くと最初からすべて順調に進んだように思われるでしょうが、実はこの二人にも危機がありました。でも私の目から見ると危機と言うような気はせず、却ってうまく進みそうな気さえしておりました。

交際に入って順調かに思われた交際でしたが、2~3回のデート後に起きた彼女の困難、その時私は高知に出張中でしたが「思いもよらぬことが起きてしまい暫く彼とはお会いできません。でも、彼に迷惑は掛けられないので、もし彼がそう判断するなら交際終了で構いません」とのメールが入りました。

急ぎ彼の相談所に電話すると「彼は彼女が落ち着くまで待っていると言っています。とても彼女のことを好きになってしまったようです」との話でした。彼女に電話すると「嬉しいです。早く解決してお会いしたいです」

その後は以前にも増してお互いを信頼して親密になりアッという間に成婚となりました。

幸せいっぱいの笑顔で現れたお二人。既に式場も予約して、指輪も買いましたとのこと。お互いに人生で一番大切なものを得たようでした。

by jmatk | 2016-02-01 15:53 | 婚活 | Comments(0)
<< 男女の関係も普段の人間関係から... のんびり過ぎるあなたに刺激を >>