人気ブログランキング |

プロフィール写真は自分らしいものが一番です。

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。
b0255217_09015697.jpg今日は定休日ですが、午前中は「環境基本計画案」の最終審議に行って来ます。キチンと実行されるように市長に答申する段取りです。

さて、来週はもう3月、入会者の増える時期です。入会の時には「入会申込書」「独身証明書」「卒業証明書」「資格証明書」等等が必要になりますが、その他で最も気を遣うし本人も気になるのが「プロフィール写真」です。

写真館で撮ってくる方、家族や友人に撮ってもらう方、来室して私が撮影する方と様々ですが、何れにしても自分らしく撮れているものを掲載したいものです。

時々あることですが、お見合い場所に行って「お相手女性が居ません」となるのが一番困ります。待ち合わせ場所に誰もいないのかと聞くと、「居ますが写真とは全然違う人です」と言いますし、そのうち先方相談所から「当方女性がそちらの男性会員様とお会いできないと言っていますが」と電話が入ると言った具合です。

双方、写真を見てそのイメージで期待して行ったらそのイメージの人はいない。目の前の人はイメージと全然違う方で「こんな方ならお見合いOKするんじゃなかった」ともう逃げだしたいくらいの勢いだったりします。

期待して行った折角のお見合いもこんなことでは時間の無駄となってしまいますが、こんな笑い話みたいなことが実は結構起こっているのです。

写真館等では「プロの腕の見せ所」とばかりお相手受けしそうな構図やメイク、そして修正等して仕上げます。プロフィールを沢山並べていると雰囲気が似通った写真が時々出て来ます。そして、ほとんどのひとが決まってこの人良さそうと言うような写真があるのです。

写真のイメージでお見合いに行って「全然違いました」と何回か経験した人は、「この写真は実物とはだいぶ違うと思います」と判断してお申し込みしたお受けしたりしています。

写真だけに頼るのは避けた方が良さそうですし、自分の写真は自分らしいと自分で納得できるものが一番ですね。例えそれによってお見合いの回数が減ったとしても、それは無駄なお見合いがなくなっただけ。むしろご縁には近くなったのだと思います。

by jmatk | 2016-02-23 09:02 | 婚活 | Comments(0)
<< 紅梅に白雪が美しい朝でした。 お見合いには時間にも心にも余裕... >>