心配事は一人で抱え込まないことです。

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。
b0255217_16511581.jpgまた冬に逆戻りの今朝の東京です。朝は小雨模様でしたが、午後は段々と晴れて来ましたが風は冷たいですね。その分花は開花の進みが遅くなりそうで4月2日は丁度見頃かなと思います。

さて昨日は夕方甲子園から戻って来ましたが、そのまま神保町の書店オーナーの経営するバーに直行。そのバーでバイトしていた高校後輩の女性の大学卒業、就職、アルバイト終了お祝いをして来ました。

2日間忙しかったので今朝も少し疲れ気味でしたが、元気に相談室にやって来ました。

今日は午後2時の約束で、今度の花見にも参加される40代の男性が何やらご相談に来られるとのことでしたが、午前中には「私は団塊世代ですが、再婚したいと思っていますが・・・」とまたまた男性からのお問い合わせ電話。

ここのところお問い合わせ頂く方の年齢も幅広くなって来ましたが、心配事は年代によっても違います。

お金のこと、仕事のこと、学歴のこと、家族のこと、性格のこと、趣味のこと、過去のこと等等人によって様々です。こんなことがその人が前に向かって進もうとすると手かせ足かせになったりすることも多いようです。

そんな時一人で抱え込み考え込んでも中々心の整理はつきにくいもの、思い切って誰かに相談をと思ってみても打ち明けられる人は案外少ないものです。

そんな時は思い切って他人の私たちに話してみませんか?他人だからこそ言えることも多いのです。

午後来られた40代男性も話して気持ちが楽になったようで、元気に「ではお花見宜しくお願いします。」と帰って行かれました。

by jmatk | 2016-03-24 16:51 | 婚活 | Comments(0)
<< 今やるべきことは何?今しかでき... 清瀬の会合を終えて京都から甲子... >>