他人との関係は違いを認め合うところから

多摩婚倶楽部立川相談室代表の織田祐輔です。
b0255217_11534586.jpg

今日も梅雨の晴れ間が続く東京です。昨日に続いて朝のウオーキングで行った全生園も、夏の日差しが差し込んで眩しかったですね。

結婚相談室での活動は基本的にお相手選びからお見合い、交際と進んで行きますが、比較的色々な人と出会いがあり交際にも発展する方と、中々お見合いに漕ぎつけるのも大変な方とに分かれます。

上手く進む人の特徴は別に特に美人と言うわけでもなし、特にイケメンというわけでもなしで、お相手に対しての許容範囲が広いかたです。

例えば自分の趣味とお相手の趣味が違う場合、前者の人は「趣味が違うと話が合わない」とお見合いすらしないのですが、後者の人は「自分とは趣味が違うので自分も新しいことにチャレンジできるかもしれない」とポジティブに考えるのです。

割合インドアの趣味が多く趣味欄にも「読書、映画鑑賞、お料理」と書いてるA子さんに、アウトドア派の「スポーツ観戦、ジム、食べ歩き」と書いているBさんからお申込みが来たとします。

ポジティブなA子さんは趣味は違うけど、「たまには私も野球やサッカー観戦にも行ってみたいと思っていました」とお見合いして交際に進みます。

その先の結婚まで進めるかどうかは分かりませんが、間口を広げて色々な人と会うことによって、本当に自分と相性の良い方と出会うチャンスも広がってくるのだと思います。

要は気持ちの問題。他人との違いに目くじらを立てることより、違いを認めて世界を広げてみましょう!!

by jmatk | 2016-06-12 13:23 | 婚活 | Comments(0)
<< 今日は開催前最終の「清瀬の環境... 「会員さんの交際状況は?」とお... >>