先延ばしは何も変わらないどころか、事態を悪化させます。

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

寒に入り、ここ数日寒いまわりの東京・清瀬&立川です。
b0255217_12341000.jpg

今日は風も治まって来て、清瀬の自宅から秋津に向かう道も歩きやすかったですね。

明日は南岸を低気圧が発達しながら通り、明後日にかけて雨か内陸では雪の予報です。

会員さんやOB・OGの方からは沢山年賀状を頂いておりましたが、先ほど渡辺アドバイザーと二人でお返事を書いて出しました。卒業後も幸せな様子を知らせてくださると、心から嬉しく感じます。

さて、そんな幸せな卒業生に続けて頑張っている会員さんたちですが、時々見受ける先延ばし。

咲が見えないのでと結論を先延ばしする方が時々いますが、先延ばししてもその先のさらにその先はどうなるのでしょうか?

気がつけばまた何もできなかった一年の暮れになるのは他の人から見れば明らかですが・・・

目の前に見えていることで判断し決める、良かったらどんどん先に進めるし、上手く行かなかったらそれを良い経験にして新たな扉を開ければ良いのです。

「何もなかった」「何も決められなかった」そんなふうにだけはならないようにしましょう。

私達は独りでは決められずに立ちすくむあなたをもサポートして行きます。

by jmatk | 2017-01-07 12:34 | 婚活 | Comments(0)
<< 20代の婚活をサポート「20代... 結婚相談室の仕事始めは静かにスタート >>