何事も意地になっては上手くいきません。

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

夏至ももう直ぐのこの季節。随分と日が長くなりました。

b0255217_13074502.jpg

今日は朝のうちの雨も上がって来ましたが、東京・立川の風は冷たく4月の気候のようです。

さて、相談室での活動も、最初からそう上手く進むわけではないことが多いと思います。

毎日を同じ屋根の下で暮らす人を見つけるのですから、誰でもいいというわけにはいきませんし、簡単には見つからないのが当然と言えば当然です。

また、「自分がどんな人間でどう生きていきたいか」もよく分からずに活動していても、そんな生き方を理解してくれる相手は見つけようにもみつかりません。

まず、自分のことをキチンとして、そこからが本当のお相手捜しになるのかなとも思います。

時には上手く行かない自分に焦れて意地になる時もあったりしますが、それではいよいよ上手くいかないことになります。

でも、そんな人でも、私達や他の会員さんとの話の中で気付きがあったりして、変わる時が訪れることも多いのです。

ずっと意地を張り続けないで、時には素直になる。

とても大切なことですが、そんなこともお手伝いをして活動は進んで行きます。

by jmatk | 2018-06-16 13:20 | 婚活 | Comments(0)
<< プロポーズの後は速やかに親御さ... 28歳で爽やかに活動開始の男性... >>