それが幸せの決め手ですか?

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

今日も割合涼しい東京・清瀬の朝でした。
b0255217_11072068.jpg

エアコンなしで寝られる日が続きましたので、少し体力を回復された方も多いかと思います。

ラジオ体操に励む高齢者も、今朝は軽やかな動きに見えました。

明日、お見合の方もいますが、台風の動きが心配ですね。

今日、夕方には進路がはっきりしてくるでしょうから、実施か延期か決めなくてはいけません。

さて、これは特に女性がお相手男性を選ぶ場合のことですが、まず出て来るのが「年収」「お勤め」という方が時々います。

勿論、そういう方と巡り合ってお互いに気持ちが通い、結婚に向かって進んでくれれば良いのですが、

そうはいかない場合が多いように思います。

一方で「お人柄」や「性格」を重視する方達は、そんな感じの気の合う男性と巡り合うと、あっという間に結婚へと進んで行きます。

年収がそんなに高くなくても「私も働くから大丈夫、二人で支え合って家庭を創っていきます」と覚悟を決めている人は、

結果的に意外と経済的にも苦労なく進むケースが多いように感じます。

「何が自分にとっての幸せか?」「それはどうやって実現できるのか?」

現実を見ながらそこをキチンと認識して活動しないと、折角の活動も迷路にはまってしまいます。

by jmatk | 2018-07-27 11:25 | 婚活 | Comments(0)
<< 台風が来ても気持ちは前向きです。 交際に学びながら成長 >>