天気も人の心も、何時までも愚図つかないで!!

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

昨日はまだ蒸し暑さが残る東京・清瀬でしたが、今朝は西から秋の空気に覆われて来たようです。

b0255217_14404723.jpg

一日、曇りがちで時折小雨も降る天気のようです。

やっと秋らしくなって来るようで、東京も来週あたりには秋晴れもありそうです。

ここのところ多摩婚俱楽部の男性会員さんが巻き込まれて、気の毒なお見合いのケース。

40代半ばから上の男性会員さん2名。

頑張ってお見合い申込みをして、1名の方はいざお見合い設定となったら、女性側の希望日が1ヶ月以上先。

ルールではお見合い成立から1ヶ月以内にお見合いすることとなっており、特別な事情でもない限り、まずそんなことは起こりません。

問合せても、「色々忙しい時期のようで」との話のみ。その時点でお見合い結果が出たも同然の気持ちになります。

もうお一人は、お見合い設定はスムーズにできましたが、本番の直前に「お身内の方のお具合が悪くなりお見舞いに行くことになりなりました」

とのことでお見合い延期。

その後1週間以上たってもなしのツブテ。

仕方なくこちらから問い合わせると、その後毎週お見舞いに行っているので再設定の目途が立たないとのこと。

「もしそうでも、お見合する気があるのなら朝お見合いしてから行けばいいのに!!」と思わず呟いてしまいます。

自分から中止を言い出すとペナルティー対象になるので、お相手からのお断りを待っているのでしょうか?

自分の都合ばかり言うのではなく、他人の大切な時間を奪っているとの自覚ももって欲しいものです。



by jmatk | 2018-10-11 14:59 | 婚活 | Comments(0)
<< 数字より数字で測れないことに拘... 自信は大事ですが、過信はいけま... >>