プラスチックごみの海洋汚染も何とかしないと!!

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

多摩婚俱楽部立川相談室では、主に20代~40代の方々のご縁結びをさせて頂いておりますが、

この方々の生きていく未来には「生きる環境」に色々不安があり、大きくなっています。

ここ数年酷くなるばかりの「地球温暖化」による夏の猛暑もしかり、

プラスチックによる海洋汚染もしかりです。

クジラの腹からプラスチックが沢山出て来たり、イワシなどの内臓からは細かくなったマイクロプラスチックが出て来たりと状況は思った以上に悪くなっているようです。

b0255217_14094470.jpg

先日は「マイクロプラスチック」の講演会に行って来ましたが、この問題も早く何とか手を打たないと人体への影響が懸念されます。

今の現状と、これから人間がどうしなければならないか、未来のためにどうするか書いた冊子を購入して来ました。

「容器包装をみなおそう!」・・海洋プラスチックごみ削減に向けて

大量のプラスチックを排出して来て、これからも排出する仕組みを作った私達世代がなんとかしないといけない問題です。

そして、その中に生きている、未来を生きていく若い世代にも知ってもらわなければいけない問題です。

この冊子を50冊購入しましたが、当相談室会員さにも是非読んで頂きたいと思っております。

by jmatk | 2018-11-02 14:27 | 日記 | Comments(0)
<< BBQパーティーでプロフィール... 定休日も返上、連日の写真撮影 >>