お相手への思い遣りは、まず「有難う」の心から

多摩婚倶楽部立川相談室代表の織田祐輔です。
b0255217_15573657.jpg

今日も暖かい日中の東京・清瀬です。

冬パターンの生活と思っていましたが、暖かいので朝のウオーキングとなりました。

小一時間巡って来ると少し汗をかいてしまいました。

さて、お見合いから交際へと進んでも、中々結婚に辿り着かない方も居られます。

こんな方に多いのがお相手に望むばかりで、お相手を思い遣る気持ちがないこと。

お話が弾んで楽しくやっているかと思いきや、お相手からの感想は「自分の話か、こちらに望むことばかり」

これでは思い思われての成婚には中々至りません。

こんな時はまずはお相手への感謝の気持ちを「有難うございます」とお伝えすることから。

有難うを繰り返していると自然にお相手を思うことに繋がって来ます。

11月の終わりが近づいても「木枯らし」が吹かない東京ですが、今日は夜中にかけて「木枯らし1号」が吹くかもしれない

とのこと。もう12月師走ですものね。

by jmatk | 2018-11-28 16:08 | 婚活 | Comments(0)
<< 来年の活動に備える見学者が次々に 遠慮がちに「他で出会って交際し... >>