人気ブログランキング |

2015年 09月 16日 ( 1 )

お見合の時のお茶代のお支払いも思い遣りです。

多摩婚倶楽部立川代表の織田祐輔です。
b0255217_14152945.jpg
今日の東京は朝から雲が多く下り坂の天気です。どうやら暫くは前線や台風の影響で本格的な秋晴れは望めないようですね。それでもお彼岸が近づいて曼珠沙華が咲き出しました。

この土日はお見合いが多かったですが、上手く交際に入ったのは一組のみ。中々思うようにはいかないものですね。でもたったお一人の結婚のお相手を見つけるのですから根気強く続けることが一番大切です。すると、必ず「あぅこの人だ」と言う方に出会うことになるのです。

ところで多摩婚倶楽部女性会員さんのお断りの理由にひとつ気になることがありました。「お見合いの時のお茶代は男性がお支払いくださるとお聞きしていましたが、今日の方は自分の分だけお支払いされました。大した金額でもないのでどうでもよいのですが・・・」

お見合い時のお茶代は男性がお支払すると言うのは基本的なルールで、相談所では会員さんには必ずそうお話しているはずです。勿論女性にも、お支払いいただいて当然という態度ではなく、「ご馳走になりまして有難うございます」と必ず言葉にしてお礼を申し上げて下さいと指導いています。

男性にお支払いをお願いしているのは、男性に比べて女性側はお見合いまでにかかる費用が多いからです。男性は仕事に行く時と同じスーツ姿が基本ですが、女性はそのために服を買ったり美容院に行ったりと特別な準備をすることも多いのです。

そのような背景を思って気持ちよくお支払い下さるよう多摩婚倶楽部の男性にはご指導させていただいておりますが、皆さんとても納得されております。

お茶代ひとつも思い遣りの心ですね。
by jmatk | 2015-09-16 14:16 | 婚活 | Comments(0)