2018年 12月 05日 ( 1 )

お受けしたご縁にも「お見合いには何処にでも行きますから」と

多摩婚俱楽部立川相談室代表の織田祐輔です。

b0255217_13302102.jpg
富山、金沢と3日間巡って来ましたが、暖冬でも季節は大分進んだようです。

自宅マンション横の救世軍の木々も黄色から茶色へと、冬の装いに。

お見合い設定も、中には来年のお話しも出るようになって来ましたが、

「いやいや、年内まだまだやれますよ」とばかりにお申込みなど熱心にする会員さんも。

でも、不思議と熱心にお申込みする方には、あちらからもお申込みが来るもの。

直ぐ腐ったり僻んだりの人にはお申込みも少なくなるようです。

また、お見合い成立した時の対応でもお相手の印象が変わります。

お見合い設定は通常、お申し受けした側が決定に優先権があるように思われがちですが、

多摩婚俱楽部会員さんは自分から「何処にでも行きますから」とお相手のご希望を優先する方が多いです。

そうなると、お見合い前からお相手の評価は上がります。

実はお見合い前からお見合いはもう始まっているのです。

自分のことばかり言わないで、お相手のことを慮る気持ちが出て、

お会いする前からお相手の心をくすぐっているようです。

by jmatk | 2018-12-05 13:41 | 婚活 | Comments(0)