人気ブログランキング |

体罰から考える

体罰は以前から問題になっていましたが、ここの所根本的な問題意識で捉えられるようになって来ました。

結婚相談所では勿論体罰はありませんし、無縁なもののように思われがちですが、「本人が納得していないことを無理やり強制する」ということがもしあれば、それは本質的に同根だと思います。

JMA立川相談室では、会員さんが言っていることが私達の考えと違っている場合でも頭ごなしに否定したりはしません。

「こんな考え方もあるんじゃないですか?私達はこの方が良いと思いますが良く考えてください」と言って本人に良く考えて頂きます。そして本人が考えて結論を出すのをじっくり待ちます。

婚活中に思うようにお見合いができなかったり、交際が進展しなかったりすると「織田さん、渡辺さんが決めて下さい。そしたらそのようにしますから」と言ってお相手選び等を私達に頼りたがる人もいます。強制されることを望む人がいるのです。

そんな時私達は原点に返り、今一度自分がどんな人間であり、どんな人とどんな人生を歩みたいかを考えてもらいます。

「私達がこうしなさい、ああしなさいということは簡単です。でもあなたが本当に自分で考えて出した結論でなければ、結局上手く行かない時に他人のせいにすることになります。自分で納得して先に進むようにしましょう!!」

私達はその手助けをするに過ぎないのです。
# by jmatk | 2013-02-04 05:27 | 婚活 | Comments(0)

これからの季節は梅林デートがお薦め

明日の節分を前にして、今日は久しぶりに暖かい一日となりました。

JMA立川相談室には午前中交際中の女性が幸せそうなお顔で現れました。
昨年までのチョッと厳しそうな顔から変身、穏やかなお顔です。

その彼女曰く「他人を見て許せることが増えました」。このような心境に変わったからこそお相手も交際が気楽になっているのかも知れません。

こんな交際中の方達のデートは春めいて来るこれからは「梅見コース」もお薦め。JMA立川会員さんが多く住む多摩地域には青梅の梅林や小金井公園、京王百草園、府中の森公園、昭和記念公園等々沢山の美しい梅林が身近にあります。

梅の香を感じながら少ししっとりした気分を味わっては如何でしょうか?
b0255217_16374042.jpg
# by jmatk | 2013-02-02 16:38 | 婚活 | Comments(0)

「高知の織田歯科医院」放送予定

昨年の11月頃に書きましたが、私の故郷は土佐の高知です。

来週は7日(木)~9日(土)に所用(お墓参り、同窓会の役員さんの懇談、仲人さんとの面会等々)で行きます。
1月2日にも土佐高校サッカー初蹴りで行きましたので、ここのところ結構頻繁ですね。


そんなこんなでその準備や留守中のJMA立川相談室の対応等をしておりましたが、ボランティアで時々相談室のお手伝いをしてくれている友人の梅原さん(土佐中高同級生)から「5日の夜のテレビ番組で織田の実家のことをやるらしいよ」との電話が入りました。

今は兄が院長を務める織田歯科医院のHPを確認したらどうもこのことのようです。
古い鉄筋コンクリート建築に興味のある方やお暇な方は見てみて下さい。

BS日テレ「知られざる百年遺産 わが町の建築物語」
 織田歯科医院放送予定 2013/02/05 20:54-20:59
b0255217_1413069.jpg

# by jmatk | 2013-02-01 14:05 | 日記 | Comments(0)

30歳そこそこの男性見学者

JMA立川相談室、何故か1月のスタートは男性は40代後半から50歳くらいの方の見学が多かったですが、最近はその一方で30歳そこそこの方の見学もボツボツ来ています。

職場内の環境や先輩達の様子を見ていると、「今のうちに早く相談所の力を借りた方が良いのでは!」と感じているようです。

30代前半以下くらいの若い方達はバブルの経験もなく考え方が堅実です。経済的な面も、家事育児の面でも男女が協力して役割分担をして家庭を創っていこうと当たり前に思っているようです。

早めに結婚して、しっかりと家庭を創り子育てもする。そして仕事も充実させて、子育て終了後にもまた新しい花を咲かせる。とても充実した一生が想像できます。

私は27歳で23歳の妻と結婚しました。3人の子育ても大変でしたが(妻には頭が下がります)、皆独立し娘は結婚しました。妻はその後社会福祉関係の国家資格も取得、やりたい仕事に励んでいます。

私もそんなお蔭で会社を早期退職、結婚相談室を運営し地域のお役にも立っている充実した後半人生です。

# by jmatk | 2013-01-31 10:45 | 婚活 | Comments(0)

子育てしやすい街・清瀬

今日はJMA立川相談室は定休日です。午前中に洗濯や農家での野菜買出しを済ませて、午後は清瀬けやきホールへシンポジウムのお手伝いに出かけました。

いつも「まちづくり委員会」でご一緒する「コミュニティーふれあいネット」の大森正子さんのお声がけで、「地域で支える子育て・・超高齢社会の中で・・」というテーマの会場設営をして、お話も聞いて来ました。子育て中世代、子育てを終えた世代、高齢者等等男性も2割くらいはいましたかね。

実際に16年~18年の活動キャリアのある「子育て支援団体NPO法人ウイズアイ」と「NPO法人子育て・ネットワークピッコロ」等のお話を聞き、地域で一緒に若いママ、パパを支えていく方法を考えようという趣旨でした。

お話の中で印象的だったのは「ママ達の笑顔の源はパパの笑顔」「完璧な親や完璧な子供など存在しないのです」「ベストをつくして、必要な時にはまわりから助けを借りることです」

夫婦二人で支えあう子育てがまず基本ですが、周りにいる地域の人たち(高齢者を含む)がまたその二人を支えて、お互いが笑顔になれる地域はすごしやすく良いところです。

そんな活動を続けている方達が沢山いる清瀬は、自然環境も良くとても住みやすいところですよ。b0255217_19204024.jpg
# by jmatk | 2013-01-29 19:22 | 婚活 | Comments(0)